投稿日:

学生時代の恋人と仕事で再会

大学生の頃、中国からの留学してきた女性とお付き合いしていました。付き合った期間は2年弱です。彼女が中国に帰国するため、別れました。それからはもちろん会うことも、連絡を取ることもなく、僕は彼女のことはいい思い出となっていました。

そんな彼女と再会してしまったのです。今の職業では、海外からの研修者を受け入れることが多い職場にいます。欧米や東南アジアからの研修生に、技術・知識をレクチャーするのが主な仕事内容です。いつものように、犬種参加者名簿が送られ、内容に目を通していました。なにやら見覚えのある名前が・・・。「マジかよ、ウソだろ。」思わず口に出していました。思い出としてしまわれていたものが、昨日のことのように思い出されました。

「いや、同姓同名の方かもしれない、そんなドラマみたいなことがあるわけがない。」自分にそう言い聞かせ、当日の準備に入りました。そして当日。研修生を受け入れる日となり、実際に研修生の方々が来られました。すぐにわかりました。まさに彼女だったのです。年齢は重ねていましたが、面影ははっきりと残っていました。研修自体は無事に終わり、研修生の方々の歓迎会が開かれました。その際、彼女のそばに座ることができました。

改めて僕は確認してみました。以前僕と付き合っていた人と同姓同名であること、ひょっとしたら、あなたがその彼女であるかどうかを。彼女からは「久しぶりだね、すぐにわかったよ。」と答えてもらいました。僕と別れて、帰国し、現地で就職したこと、その職場の同僚と結婚し、今では2児の母親であること、他にも付き合っていた当時の気持ちなど、いろいろなことを話しました。僕は「また付き合えるんじゃないだろうか」と淡い期待を抱いていたのですが、もろくもその期待は崩れ去ってしまいました。

彼女にも、僕のことを話しました。まだ独身であることも。「まだ若いよ、絶対素敵な人が見つかるから大丈夫だよ。」当時と同じ柔らかな笑顔で励ましてくれました。それからも個人的に連絡を取り合うこともなく、研修が終わると彼女は帰国しました。あのころと変わらない柔らかな笑顔の彼女を見て、今も幸せなんだろうなと安心し、また羨ましくもありました。この齢になってこんな甘酸っぱい感情を持てたことに感謝しています。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です