投稿日:

5年ぶりに再会した友人妹が今の私の妻

現在40歳の男性会社員で結婚してます。

私と妻が結婚したのは偶然の再会がキッカケでした。

最初に妻と会ったのは私が高校生2年、妻が小学5年でした。

友人宅に行って遊んでると一緒に混じって遊んだりしてましたが、この頃は妻はまだ子供でしたし女性として意識したことはありませんでした。

私が高校卒業してからは友人とも疎遠となり、会うこともなくなりました。

こうして月日が流れていくのですが、私が27歳の時に親代わりで育ててくれた祖母が倒れて入院することになりました。

祖母は脳梗塞で右半身が自由に動かなくなりました。

私は仕事もしてますし平日は無理ですが、土日の食事時には顔を出すようにしてました。

病院には介護師さんがいてるとはいえ、祖母のように自分で食事できない人って大勢います。

食事が配膳されても毎回すぐに介護師さんがヘルプについてくれるわけではないですし、できるだけ食事の手伝いをしたいと思って病院に行ってました。

もちろん私だけでなく、私の兄や祖母の姉、叔父(私の両親は他界していた)も病院に行って祖母の面倒をみてました。

当然食事時に親類と会うことも多いなり、一段落ついたら病院近くの飲食店に一緒に食事に出掛けるってことが多くなりました。

年配(叔父や祖母姉)の方と一緒に行く時は出来るだけあっさりしたものがいいと思い行ったお蕎麦屋さんで友人妹(現妻で以下彼女)と再会したわけです。

彼女はこの頃、大学4回生になりお蕎麦屋でバイトしてたってわけです。

私も向こうもお互い覚えていて、軽い挨拶をしました。初回は挨拶は30秒ぐらいで終わりました。

私が一人ならまだしも親類もいてるし、向こうも仕事中だし当然っちゃ当然です。

久しぶりにあった彼女は年相応の美人さんに成長していたので正直ビックリしました。

今までだと親類と病院で会った時に一緒に食事にいくぐらいだったのですが、この再会以降私一人ならそのお蕎麦屋さんに行くようになってました。

このお蕎麦屋さんだけかもしれませんが、日曜の夕食時ってこのお店が暇なことが多かったんです。

日曜夕食だと家族連れならもっと子供が喜びそうなお店に行くでしょうし、夕食にあっさりしたお蕎麦を食べようって人も少ないのかもしれません。

平日昼間ならオフィス街や病院関係の人で賑わうんでしょうが、私が行ってた日曜は店が閑散としていました。

お客様が私一人だけってことも多々あり、彼女も手持ち無沙汰からか話をしてくるようになりました。

そこでお互いの近況報告をしあいました。

彼女との関係が進展しだしたのは、暇な夕食時にお蕎麦屋さんに行ったのが大きかったと思います。

お蕎麦屋さんは日曜は早い時間に閉店するようで、閉店後に送ろうかって話になったんです。

帰る方向は同じだし、当時私はホンダのステップワゴンに乗っていて自転車ぐらいなら積めます。

夜に自転車で帰宅するのが怖そうだし、そこをアピールされたら送らないわけにはいきません。

実際私もキレイになった彼女に好意を抱いていたので、15分ぐらいとはいえ二人っきりでドライブデートっぽいのが出来るのも悪くないと思いました。

一度送ってあげるとそこからは毎週日曜日は私が車で送る日って感じになりました。

私はどうせ帰り道だしそれほど手間には感じてなかったんですが、妻からすると自転車を車に積んで送ってくれるのがとても嬉しかったようです。

手間やガソリン代もかかってるしお礼に今度はお店に食べにいこうって誘われました。

奢ってもらったら次は私が奢るからって感じでまた夕食を一緒に食べにいくようになり、その頻度もかなり増えました。

交際に至ったのは彼女からの告白でです。

私はさすがに6歳年上のオジサンですし、彼女ならもっと若くてイケメンな男性もいるだろうと思って遠慮してました。

彼女からすると友人妹だから面倒みてくれてるのかと色々悩んだそうですが、このまま想いを胸に秘めたまま関係が終わってしまうのはイヤだったようで車内で告白されたわけです。

年上の私でもいいのって聞いたんですが、妻からすると私しか見えてなかったようでその日から交際スタートしました。

この頃彼女の兄(私の友人)とは大学に行きだしてから連絡もしてない仲だったので妹と付き合ってるとかいいずらかったですし、その後の結婚って時には向こうもビックリしてました。

なんとかご両親と友人の理解を得て結婚できましたがほんと苦労しました。

再会のキッカケとなった祖母も今は他界してますが、良い縁をめぐり合わせてくれたんだなと感謝しています。